仕事を終えるためにモチベーションを上げる必要があると思うあなたへ

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

あなたは普段仕事をしている中で、やりたくない仕事に直面したらどんなことを考えていますか?

あなたが以下のようなことを思うのではないでしょうか。

  • 「よしっ!いっちょ気合い入れて、モチベーションを上げて、この仕事を片付けよう!」
  • 「はぁー…どうやったらモチベーションが上がって仕事片付けられるかな…」
  • 「この仕事嫌だなー。。。やる気でないわ…」

 

上記の声の中に共通すのは、仕事を終えるために、モチベーションを上げようとする声、または、モチベーションが上がらないと仕事が終わらないという考え方です。

 

たしかにモチベーションが上がっていれば、どんな困難な問題に対してもぼっとすることができ、嫌なことであったり、大変なことでもサクサク片づけられるイメージがあるかもしれません。

ですが、モチベーションはその使い方で毒にも薬にもなりえます。

 

今日の記事では、モチベーションに対する誤解から、どうやってモチベーションを高める事ができるのか、その具体的な方法をご紹介していきます。

モチベーションを上げたいという方や、モチベーションが必要な方、そして、モチベーションを維持できないと感じる方は是非とも読み進めてください。

 

自然にモチベーションは上がらない

まず初めにはっきりとお伝えしなければいけないことがあります。

それは、

 

モチベーションは自然には上がらない

 

ということです。

 

つまり、ある時瞬間的に頭がさえわたり、いきなり仕事に対するモチベーションが一気に高まり、終わらせることができるということはありません。

モチベーションが上がるには何かしらのきっかけ(原因)があります。

 

それこそ、自分自身でモチベーションを上げようとして高める方法や、周りから発破をかけられたときなど、内的要因も外的要因もきっかけにはなりえます。

 

意志を持って上げるには労力がいる

もし、あなたがモチベーションを考えて、自分の意志の力で奮い立たせ、モチベーションを高めようとするとどうなると思いますか?

恐らく、ほとんどの人が、大変に感じたり、あるいは場合によってはモチベーションが全く上がらないといったことを経験するでしょう。

 

そうです、自分の意志でモチベーションを引き上げようとしても、かなりの意志力を必要とします。

仮にその方法でモチベーションが上がったとしても、モチベーションが上がるころには精神的にすっかり疲労困憊になってしまいます。

 

そうなると、モチベーションを上げてやるべきことを取り組む前にそれをやるだけの意志力が残っていない状態になってしまいます。

 

正しいモチベーションの2つの高め方

では、モチベーションを高めたいと思う時に、どんな方法でするのが良いのでしょうか?

意志の力を使ってモチベーションを高めるには非常に労力が必要ですが、では、自分でモチベーションを上げる方法が無いかと言えばそんなことはありません。

 

労力を使わずに自分一人でモチベーションを上げる方法は実は存在します。

そして、もう一つ、自分以外の人との関わり合いの中でモチベーションを上げる方法もあります。

それではその具体的な方法を順番に紹介します。

 

1.達成後の具体的なイメージを書き出す

まず初めに紹介するのは、『達成後の具体的なイメージを書き出す』ことです。

何故、これをするのかと言うと、何かを達成することで、今まで自分ができていなかったことができるようになります。

そして、それができるようになったことで、自分の人生にとってどんなプラスがあるのかを想像していきます。

 

それができると、達成した時の自分に対して、ワクワクするようになります。

このワクワク感をリアルにして、より多くのワクワクを想像することで、早く仕事を片付けたいという感情になります。

 

こうすることで、自分一人でもモチベーションを高めることができます。

繰り返しになりますが、ポイントはその仕事(目標)を達成することでどんな自分になれるか、どんなプラスが自分にもたらされるかということを具体的に想像して書き出すことです。

 

これが自分が望んでいないことだったり、あまりにも実現性が低い物だと、ワクワク感が出てきません。

何度か練習をする必要がありますが、繰り返しやってみるとコツがつかめるようになってきます。

 

2.意識の高い人に会う

2つ目のモチベーションの高め方ですが、『意識の高い人に会う』ことです。

 

あなたの周りにも一人や二人いませんか?

いつどんな時にあっても、バイタリティに溢れて、話しているだけでこっちが元気になってしまうような人たちです。

そんな人たちと話しているうちに、パワーを貰うことで、モチベーションが上がっていきます。

 

ここで注意をしなければいけないのは、ネガティブな発言は控えるということです。

弱っているときやモチベーションが低い時などは無意識のうちに目線が下に向いてしまっていたり、言動がマイナス視点であったりします。

 

常にバイタリティに溢れているような人でも、そういったマイナスの要素にあたっているとプラスの要素が侵食されていくことを感じ取ります。

そうなると、マイナスの要因は遠ざけようとして、あなたと関わらないようになってしまいます。

そうならないために、自分の言動には注意をしなければいけません。

 

まとめ

モチベーションに頼って仕事をしていると、結局モチベーションが上がっていないと仕事ができなくなります。

そういう意味でもモチベーションに振り回されず淡々と仕事をこなすというのは一つの理想ですが、本質的により良い仕事をしようとするのであれば、それをやらずにはいられないことを仕事にしましょう。

仕事をしているだけでワクワク楽しければ、いちいちモチベーションを上げたりする必要もありません。

そういう意味でも、どうやって仕事をするかよりも、どんな仕事をするかの方がより重要な問題ということです。