マーケティング担当者が実践する今すぐ使える集客のためのSNSの使い方

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

あなたもビジネスでFacebookやTwitter、InstagramやLINE@といったSNSを活用していますでしょうか。

もし、あなたがSNSをビジネスで使う上で、以下のような悩みがあるのであれば、ぜひ今日の記事を読み進めてください。

  • SNSのビジネスへの活用法を知りたい
  • 今一番良いSNSを知りたい
  • SNSを使って集客をしたい

 

SNSの登場はメディアの構図を根底から覆しました。

それまでは、テレビやラジオ、新聞といった一部の大手メディアからの発信を一般消費者はただただ受け取ることしかできませんでした。

しかし、SNSの登場により個人が気軽にいつでも情報発信をすることが可能になりました。

結果として、ユーチューバーやインスタグラマーといった人たちが多くの人に支持され、影響力を持つようになりました。

 

つまり、SNSを使うことで、テレビや新聞・雑誌といった巨大な資本が無くても、強力な発信力を身につけることができる時代になったということです。

では、具体的にどのようにSNSを使って、集客をしていけば良いのでしょうか。

その考え方についてまとめました。

 

いまマーケティング担当者がすべきこと

まず初めにSNSの具体的な活用方法に入り前に、ビジネスにおけるマーケティング担当者がすべきことが何かをお伝えしておきます。

 

これはマーケティング担当者だけでなく、経営者においても同様ですが、今の時代、ビジネスを成長させるためには、LTV(Life Time Value)を上げていくことが必要です。

つまり、一人ひとりのお客さんの満足度を高め、長く深い関わり合いを持つことが何よりも大切です。

 

今の時代、情報が溢れ、どんなビジネスにおいても、似たような物が簡単に作れるようになりました。

そんな中で、お客さんの満足度を高め、次の商品を購入して頂くことは、ビジネスを安定的に成長させていくためには不可欠です。

 

現代では、これまで以上に、お客さんを獲得するコストがどんどん上がっています。

だからこそ、常にお客さんがリピートしない、一見さんばかりを相手にしていると、その分の獲得コストが余計にかかり収益が伸びません。

 

SNSの意義とは

では、そんなビジネス環境の中でSNSの果たす意義とは何なのでしょうか?

 

一つは、情報を気軽に発信できるということです。

それまでは会社のホームページを作って、お客さんが検索をしてこなければいけませんでした。

何か新しい商品が発売になったとして、ホームページを更新しても、いつ見られるかはお客さん次第といった状況です。

ですが、現在はSNSを使って投稿をすることで、あなたの新しい情報をお客さんに届けることが容易になりました。

 

そして、二つ目の意義は信頼関係の構築がしやすくなった点です。

SNSの目的とは、一方向からの情報発信ではありません。

同じ趣味嗜好や、興味関心がある人とのネットワークを構築でき、自分の発信に対して、他の人が共感したり、反応してくれる。

そんな活用が可能なツールです。

そして、そんな情報交換を繰り返していくことで、お客さんとの信頼関係を構築することが可能です。

 

集客の最終ゴールとは

マーケティング担当者が集客をする上での最終的なゴールとは、

 

リストを取ること

 

です。

 

あなたの商品について興味がある人の名前、性別、年齢、居住地、家族構成などなど。

個人情報が多ければ多いほど良いです。

 

なぜ、あなたのビジネスの集客においてリストが重要なのかと言うと、ビジネスで成功する一番の近道は、お客さんが成功するのを手助けすることだからです。

だからこそ、個人情報が多ければ多いほど、

  • どんなことに困っているのか
  • どんな対応が可能なのか
  • どんなことならできそうなのか

といった対策が考えやすくなるからです。

 

もちろん、情報が多く取れれば取れるにこしたことはありませんが、もしそうでなくても名前とメールアドレスさえあれば集客をしていくことは可能です。

決して、自社の商品を必死に売り込んではいけません。

あくまで必要なのはお客さんとあなたの信頼関係の構築です。

 

SNSの活用方法とは

よくSNSを使ってビジネスで集客をするという話になると、以下のような質問をされる方がいます。

  • どのSNSをやればいいですか?
  • いま流行りのSNSは何ですか?
  • どのSNSが効率的ですか?

 

結論から言うと、できるだけ多くのSNSを活用してみましょうというのが答えです。

なぜなら、SNSによってアクティブなユーザーは異なっているからです。

あなたのビジネスのターゲットなる人がどんな年代か、どんな行動属性をしているかによって、向き不向きはありますが、あくまで特定のSNSに絞り込むのではなく、まずは全体的に活用をしてみると良いでしょう。

その上で、反応が取れる媒体に注力をしてさらに伸ばしていくのがポイントです。

 

SNSの注意点

最後に、SNSを使った集客の注意点について触れたいと思います。

 

それは、とにかく、

 

手間暇を惜しまない

 

ことです。

 

広告での集客と異なり、SNSは無料で気軽に始めることが可能な集客手法です。

しかし、無料でできるということは、あなたの同業他社もすぐに使うことができます。

そして、ビジネスでの利用以外にも個人で利用をされている方ももちろんいらっしゃいます。

 

そんな中でお客さんときちんとした信頼関係を構築する上では、とにかく、手間暇を惜しまないことが重要です。

常にお客さんの目線に立って、どんな情報を発信したら、お客さんにとってプラスになるかを考えながら投稿していきましょう。

 

まとめ

最後に触れましたが、SNSを始め無料での集客というのはとにかく時間がかかります。

一度、集客の流れが構築できれば、その後は安定的な流入が見込めますが、そこまでたどり着くのにはかなりの労力が必要となります。

そのため、もし新規で事業を立ち上げたばかりや、人手が無い時には、あえてSNSをやらずに、他の事に注力をするのも一つの戦略です。

ただし、最終的にはやはり集客の中に組み込んだ方がより幅広いターゲット層にリーチすることができるようになります。

そして、最終的には集めたお客さんをリスト化する。

このことをは忘れずに実践してください。