1. TOP
  2. SEO対策をしてGoogleの検索結果で上位表示させるためのただ一つの秘訣

SEO対策をしてGoogleの検索結果で上位表示させるためのただ一つの秘訣

オウンドメディア この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

今日はSEO対策をして、GoogleやYahooの検索で自社のサイトやブログを上位表示させるためのただ一つのシンプルな秘訣についてです。

 

これまで、セミナーやスクールに通ったり、高額なSEO業者にお金を払ったりと、検索結果で上位表示させるためにいろいろやってきたけど、なかなかうまくいかない方、上位表示できない方、是非ともこの記事を読んで、素直に実践してみてください。

そうすればあなたのホームページは見違える成果を上げてくれるはずです。

 

そもそも人はなぜ検索をするのか?

それでは、Googleでの検索結果で上位表示させるためのSEO対策の話を始めていきますが、その前に、まず、人はなぜ検索をするのかを考えてみましょう。

 

あなたは普段どんなことを検索しますか?

 

どこか行きたい場所へのアクセス方法を探します人もいるでしょう。

今日のランチで行きたい美味しい中華料理店を探す人もいるでしょう。

仕事をする時に必要なエクセルの関数を調べる人もいるでしょう。

 

そうです、人は分からないことを調べるために検索をします。

 

なんだ、そんな簡単なことか、と思った方、そのままもう少し読み進めてみてください。

 

一番の効果的なSEO対策とは

人がわからないことを調べるために検索をすることは先ほど述べましたが、では、最も効果的なSEO対策とは何でしょうか?

 

それは、検索者の問題を解決することができるコンテンツ(文章)を提供することです。

 

何かわからない事、調べたいことがあって検索をした人に対して、そのキーワードの問題が解決する内容を伝えてあげれば良いわけです。

これができていると、あなたのサイト/ブログは自然とユーザーに評価をされて、結果としてGoogleにも評価をされ、あるキーワードに対する検索結果でも上位表示されます。

それにより、同じ問題で悩む多くのユーザーがサイトへ訪問し、問題が解決され、Googleに評価されという正のスパイラルが産まれます。

 

Googleという会社が何のために存在するのかを理解する

そもそも、Googleという会社が何のために存在するのか、あなたはご存知ですか?

 

“Googleは、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を使命とする。”

 

とその存在意義を定義しています。

 

インターネットの普及により、世界の情報量は爆発的に増えました。

そして、インターネットにアクセスできれば世界中の誰しもが同じ情報を受け取ることができます。

ただし、情報量が多くなりすぎると、本当に必要な物、本当に欲しいものというのはどんどん見つけづらくなります。

だからこそ、Googleという会社はそんな世界中の情報を整理して、世界中の人々がアクセスできて使えることを使命としているわけです。

 

それこそが、Googleがただの検索エンジンを運営しているだけでなく、他にも多くのサービスを作りだし提供している理由なのです。

 

情報の多さは重要ではない

よくこういう話をすると、「では、私のサイトでは1ページ当たりの文字量はとにかく多く、全ページを1万文字以上にすればよいのでしょうか?」といった勘違いをされる方がいらっしゃいます。

 

たしかに、情報量が多い方が、少ないものより、より検索者のキーワードに対して適切な回答を提供できる可能性があります。

また、検索結果としても、文字数が多いページの方が上位表示されやすいこともあるようです。

ですが、何が何でも文字数が多い方が良いかと聞かれると、そんなことはありません。

なぜなら、真に重要視すべきは検索者が入力した検索キーワードの意図だからです。

それを無視して、ただただ情報量を詰め込んだものが良い解決策になるはずがありませんよね?

だからこそ、ホームページを作る上では、その1ページ、1ページが誰にとってのどんな問題を解決できるかを考えなければなりません。

 

コンテンツを作る上で大切なこととは

昨今のオウンドメディアと呼ばれるSEOを中心とした、検索からの集客に特化したメディアが今注目を集めています。

検索キーワードに対する解決策のコンテンツ(ページ)を作成することで、ユーザーにもGoogleにも評価を受けながら、サイトを大きくして、自然検索でも上位表示をさせていきます。

 

オウンドメディアに限らずですが、検索ユーザーの流入を意識したコンテンツを作る上で最も大切なこととは、「ユーザーの検索を終わらせる」ことです。

 

検索者の問題を解決できたかどうかを計る指標として、そのユーザーがあなたのページを訪問した後に、他のページにも行ってしまったら、ユーザーはあなたのコンテンツに満足できなかったということです。

逆に、あなたのページを訪れて、ユーザーがそれ以上、別のページに行かなければ、あなたの提供したコンテンツでユーザーが問題を解決できたわけです。

 

自分のホームページを見直す

では、ここまでの話を読んだ後で、ぜひ一度ご自身のホームページを見直してみてください。

あなたのサイトにはどんな検索キーワードでユーザーが訪れていますか?

それぞれのページの内容は、ユーザーの質問に対する回答になっていますか?

 

もしあなたが、キーワードに対する適切なコンテンツ量(文字量)を知りたいのであれば、一度、そのキーワードで検索をしてみましょう。

そうすることで、今現在、Googleに最も評価されているページを見ることができます。

そのページの文字量が参考にすべきコンテンツの量となるわけです。

 

まとめ

もしあなたが、自分のサイトを検索結果で上位表示させたいと思うのならば、検索されるキーワードに対する回答がきちんと述べられているか見返してみましょう。

逆にどんなに頑張っても上位表示しないのであれば、それはユーザーが求めている情報なのか、考えてみるのも良いかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!