1. TOP
  2. 無料でツール不要!Twitter(ツイッター)で予約投稿のやり方&2つの活用法

無料でツール不要!Twitter(ツイッター)で予約投稿のやり方&2つの活用法

便利ツール この記事は約 8 分で読めます。

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

あなたはご自身のビジネスでTwitter(ツイッター)を活用されていますか?

2017年現在、SNSをビジネスに取り入れることは多くの企業で実践されていることでしょう。

 

様々な種類のあるSNSですが、それぞれに異なる特徴や機能を備えています。

Twitterは文字による情報量が少ないですが、その性能として瞬発力と拡散力のあるSNSということができます。

 

今回はそんなリアルタイムの発信力があるTwitter(ツイッター)において、無料で!かつツールも不要で!!予約投稿のやり方をご紹介します。

 

そして、後半ではそんなリアルタイムの発信力がキーのTwitter(ツイッター)で予約投稿の活用法をお話します。

 

それでは早速はじめます。

 

Twitter(ツイッター)の予約投稿のやり方

まずはじめにTwitter(ツイッター)の予約投稿のやり方についてご紹介です。

 

用意するものは以下の2つです。

  1. インターネット環境に接続しているPC
  2. クレジットカード

なお、クレジットカードは登録用です。

1円も決済は必要ありませんのでご安心ください。

 

また、今回はPCを使います。

スマートフォンを使ったアプリではないのでその点は先にお伝えしておきます。

 

サイトにアクセスする

ではまずはじめに、対象サイトへアクセスをします。

 

 

まずはどのブラウザでもかまいませんのでインターネットを使ってGoogleへアクセスします。

 

 

検索窓に『Twitter for Business』と入力し検索を実行します。

 

 

そうすると、お目当てのサイトが表示されますので、上図赤枠の部分をクリックします。

 

 

そうすると、『Twitter広告』というページが表示されます。

今回のTwitter(ツイッター)での予約投稿はこのTwitter広告内にある機能を活用します。

繰り返しになりますが、予約投稿機能を使うには1円もお金は必要ありませんのでご安心ください。

 

情報の登録

では、続いてアカウントを活用するために必要な情報を入力していきます。

 

 

まずはじめに画面の右上にある『ログイン』ボタンをクリックします。

 

 

すると、Twitter(ツイッター)のログイン情報を求められますので、予約投稿を実施したいアカウントでログインします。

 

 

ログインが完了すると、先ほどの『Twitter広告』のトップページへと戻ります。

よく見ると、先ほどの『ログイン』ボタンがあった場所に該当アカウントの画像が表示されているはずです。

※上図で黄色に塗りつぶしている部分です。

この状態で、ヘッダーにある『Twitter広告をスタート』ボタンをクリックします。

 

 

まずはじめに表示されるのはタイムゾーンの設定です。

特に変更する理由が無ければそのまま『次に進む』ボタンをクリックします。

 

 

すると『Twitter広告へようこそ』という広告の設定ページへと誘導されます。

 

 

ここで、ヘッダーの右側にあるアカウント名をクリックするとメニューが表示されるので、そこで、『クレジットカードを追加する』をクリックします。

 

 

『消費税の請求について』というページに遷移するので、『ビジネス』または『個人(個人事業主除く)』から選択をします。

予約投稿機能を使うだけなら費用は発生しませんので、どちらでも構いません。

 

 

すると、カード情報を入力する画面になりますので、必要な情報を入力し、ページ下にある、『保存』ボタンをクリックします。

 

 

こうしてクレジットカードを登録すると、ヘッダーの左側に表示されているメニューが増えます。

 

当初は、

  • 広告
  • キャンペーン

のみでした。

 

クレジットカードを登録後には、

  • 広告
  • キャンペーン
  • クリエイティブ
  • アナリティクス
  • ツール

と増えているのが確認できます。

 

なお、ここから少し蛇足になりますが、私がクレジットカードを登録した際に、クレジットカード会社から電話がありました。

要件としては、クレジットカードの登録があったが、間違いないかという連絡でした。

これまでも、そのクレジットカードを使って買い物をしたり、それこそ分割払いや月次での定額払いなどもしておりました。

ですが、今回初めてこのような連絡を貰ったので少々驚きましたが、ひょっとしたら似たようなケースで悪用されたことがあったのかもしれません。

 

クレジットカードを登録していきなり非通知や見慣れないフリーダイヤルの電話番号からかかってきたからといって驚かないようにしてください。

 

予約投稿をする

さて、少し話が逸れましたが、Twitter(ツイッター)での予約投稿についてご紹介を続けていきます。

 

 

ヘッダーのメニューから『クリエイティブ』をクリックします。

 

 

さらにサブメニューが表示されたら『ツイート』をクリックします。

 

 

このページの右側にある『新しいツイート』ボタンをクリックします。

 

 

すると新しいツイートのポップアップが表示されるので、ツイートしたい内容を上図の赤枠内に入力します。

 

 

ツイートする内容を入力したら、『予約設定』をクリックします。

 

 

このカレンダーと投稿時間を選択して、『ツイート』ボタンをクリックすれば予約投稿の設定完了です。

ご覧頂いたとおり、投稿時間は30分ごと選択可能です。

 

 

なお、設定後にツイートを編集したりする際には、『ツイート』の表示ページから、『広告用ツイート』ボタンをクリックするとサブメニューが表示されるので、この中の『予約投稿ツイート』をクリックすれば表示されます。

また、投稿完了後にツイートの反応率などを見たい場合には、『オーガニックツイート』をクリックすれば表示されます。

 

<1>Twitter(ツイッター)の予約投稿の活用法

それでは最後に、Twitter(ツイッター)を予約投稿する際の活用法について2つほどご紹介をします。

恐らくこのページを読んでいる方は、皆様それぞれに予約投稿を利用する目的があるかと思います。

ですが、こんな使い方もあるんだと参考にしていただければと思います。

 

活用法①:オウンドメディアとの連携

まず始めの活用方法はオウンドメディアとの連携です。

 

オウンドメディアにおいては記事(コンテンツ)を作り、公開した後に、その記事をSNSを使ってシェアするということをされている方もいらっしゃると思います。

 

もちろん、できた記事を拡散するだけであれば、何も予約投稿で行う必要はありません。

ですが、私が予約投稿を使ってオウンドメディアの記事をTwitter(ツイッター)で拡散するのには理由があります。

 

それは、リピーター作りの一環です。

常に新しいユーザーを取り込むには労力もコストもかかります。

同じ人に2回目、3回目とサイトへ来てもらったほうが、関係性も深まりますし、初見の人より誘導しやすいです。

 

だからこそ、毎日同じ時間にツイートすることで、一定のライフスタイルにあるユーザーに対して連続してアプローチできる可能性があると考えています。

Twitter(ツイッター)はリアルタイムでの発信力が強い反面、その瞬間に見てもらえないとタイムラインに流されてしまう可能性があります。

 

活用法②:定期配信

もう一つの活用方法としては、定期配信です。

 

これはBot的な活用方法ですが、Twitter(ツイッター)はあくまでSNSの一つのツールとして考えています。

もちろん、フォロワーが一人でも多く増えれば嬉しいですし、リツイートやお気に入りをつけてくれる方には心より感謝しています。

 

ですが、最終的には一つのメディアへ集客を集めるために私はそれぞれのSNSを活用しています。

そのため、Twitter(ツイッター)から定期的に他のメディアへの誘導を促したりするということも実施しています。

 

まとめ

無料でツール不要なTwitter(ツイッター)での予約投稿の仕方と2つの活用法は以上です。

リアルタイム性の強いTwitter(ツイッター)ですが、特定の時間で投稿することも可能です。

ステップバイステップで登録から実際に予約投稿をするところまで紹介しましたが、問題なく設定はできましたか。

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!