1. TOP
  2. ビジネスで成果を出したい人に必要なマインドセット

ビジネスで成果を出したい人に必要なマインドセット

ビジネス この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

あなたは今のご自身の状況をどうお考えでしょうか?

  • 現状に満足されていますか?
  • 今より自分にふさわしいステージがあるとお考えですか?
  • 自分自身をより成長させたいとお考えでしょうか?

 

もし、あなたが今のご自身の状況に対して、何かしらの不満があるとして、では、具体的に何か改善をするための行動を日々継続していますか?

 

恐らく多くの方は、今の現状に満足をしておらず、より自分を高めようと考えているのではないでしょうか。

では、具体的にどんなことを実践していますか?

と聞いたときに答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか。

 

今回は、現状のご自分の状況に満足をしていないというあなたにぜひ読んでいただきたいお話です。

 

些細な意識の差が成果に影響を与える

実はビジネスの成果は本当に些細な意識の差が大きな結果に繋がることがあります。

 

実際に、商談の場に行って、普段だったらまずお客さんのニーズが何かを把握するところから始めるのに、たまたまその時はなぜか自社商品の売り込みから入ってしまって、商談がなくなってしまった、というケースを経験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

取引先との商談とまではいかなくとも、何か新しく自分でセミナーなどでせっかくインプットしたことを、使う機会があるのに、ほんの少しの意識が足りなかったがために、今までどおりの方法でやってしまった、という経験ならあるかもしれませんね。

 

このように、何か新しいことを学んだからといって、すぐに使いこなせるわけではありません。

むしろ、今までのやり方があればあるほど、とっさの反応として、これまでどおりの型を使ってしまうことはよくある話です。

 

成果が出ない人に必要なこと

仮に、無意識にやってしまう行動で成果が出ているのであればそれは問題ありません。

むしろ、無意識にやって成果が出るのであれば、それは素晴らしいことですし、どんどん結果を出すと良いでしょう。

 

では、成果が出ない人に必要なこととは何なのでしょうか?

  • 新しいノウハウを学ぶことでしょうか?
  • 自分より年収の高い人の体験談を聞くことでしょうか?
  • ビジネス交流会で人脈を広げることでしょうか?

 

いずれも違います。

成果が出ない人はまず、成果を出すための意識を持つ必要があります。

実は驚くことに成果を出す意識を明確に持っていない人というのは多くいらっしゃいます。

 

企業で運用方法を変えたのに、いつの間にかルールが形骸化してしまったり、本来の目的から離れ、ただただ実行することが求められたり、あなたの身の回りでもそんなことが起きていませんか?

 

現状の成果が出ていない方法から、新しい成果が出る方法に変えるには非常に多くのエネルギーを必要とします。

元来、人間は楽をしたい生き物なので、新しいことに挑戦することに対して、必要以上にハードルを高く感じてしまい、結果、慣れ親しんだ成果が出ない方法に戻ってしまうわけです。

 

行動の結果がもたらすモノとは

とはいえ、いきなり成果が出る方法で行動することに意識を強く持って、日々ビジネスで実践してください。

と言われても、なかなかすぐに、「はい、そうですか。」と実践できる人は少ないでしょう。

 

ですが、行動することだけであれば、あなたでもすぐにできるのではないでしょうか。

実は、行動の結果に関わらず、行動を起こすことでビジネスを改善していくことができます。

つまり、行動の結果が成功だろうと、失敗だろうと、行動をし続けることで最終的にはビジネスが成長していくということです。

 

行動をすると、行動に対して成功と失敗の2つの結果が出ます。

それぞれの結果がもたらすモノについてご紹介します。

 

行動の結果、成功したとき

行動の結果、成功したときには、単純に成功体験がもたらされます。

成功体験がもたらされると、単純にあなたの中に快楽がもたらされます。

成功したことによる充実感、充足感、幸福感などです。

 

そして、成功体験によって、これらの快楽がもたらされると、あなたは更にそれを得られるように努力します。

その結果、更に行動を起こし、よりより成果を生み出していくようになります。

 

行動の結果、失敗したとき

一方で、行動の結果が失敗だったときはどうなるのでしょうか。

失敗をしたことで、上司に叱責されるかもしれません。

同僚に嘲笑されるかもしれません。

出世レースから遅れるかもしれません。

 

いずれにせよ、行動の結果、失敗をすると痛みがあるわけです。

人間は本能として痛みを避ける習性があります。

ビジネスをする上では、何もしないという選択肢はありません。

なぜなら、何もしないということは、活動をしないということであり、売上も上がらないからです。

勝手に誰かが仕事をしてくれて、その結果、給料があがる、評価されるということはありえません。

 

常に何かしらの行動をし続けなければいけませんが、常にし続ける行動が失敗続きだったらどうでしょうか。

もう、そんな思いを味わいたくないと考えると思いませんか?

もう、失敗したくないと考えると思いませんか?

 

平気で同じ失敗を繰り返す人は、その失敗が痛みになっていないから、不注意なミスを繰り返すわけです。

だからこそ、行動の結果が失敗であっても、そこから同じような失敗をしないように気をつけ、改善をすることで、ビジネスを成長させることができるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

行動の結果に関わらず、ビジネスを成長させるためにはまずは行動をすることが何よりも重要です。

あなたが成功体験を味わうことができれば、無意識にその快楽を得ようと成功するための方法が身につきます。

もしあなたが失敗体験を味わったなら、無意識に痛みを避けようと成功するための方法を探すようになります。

行動の結果が成功か失敗かは実は問題ではなく、重要なのは行動し続けることだったのです。

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!