1. TOP
  2. マーケティング担当者必見!自分にあった仕事の見分け方

マーケティング担当者必見!自分にあった仕事の見分け方

マーケティング この記事は約 7 分で読めます。

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

この記事を読んでいらっしゃるということは、今現在マーケティングに携わる仕事おされているか、もしくは、マーケティングという仕事に興味がある方でしょう。

 

私は、社会人となってから、マーケティングの担当者として従事してきました。

複数の会社も経験し、社内もそして社外においても、多くのマーケティングに携わる人と会ったり、仕事をしたりしてきました。

 

その中でも、毎日充実していて、日々楽しそうに仕事をしている人とそうでない人がいました。

仕事で結果が出ていない、成果が出ていないから、苦しい思いをすることもあるのかもしれませんが、ですが、その前提となる部分として、そもそもその仕事が自分にあっているのだろうか?という人も中にはいらっしゃいました。

 

では、具体的にどうやって自分にあっている、またはあっていない仕事を見分ければよいのでしょうか。

今回はマーケティングに携わる(携わろうとする)あなたにぜひ知って頂きたいお話です。

 

マーケティングの意義とは

そもそも、“マーケティング”という言葉は多くの意味を含み、人(会社)によってその定義やニュアンスも変わってくる単語です。

 

私が考える、“マーケティング”とは集客をすることだけではありません。

集客とは、“マーケティング”を実践する上での一つの要素でしかありません。

 

少し抽象的な話だったかもしれませんが、私が考える“マーケティング”とはあなたの事業の商品をお客さんに購入してもらう行為、全般です。

だからこそ、集客も一つの重要な要素ですし。

場合によっては、商品開発も“マーケティング”活動の一環となるわけです。

 

まずはその前提を理解してここから先も読み進めて頂ければと思います。

 

お客さんが商品を購入する決め手とは

では、マーケティングの担当者として、求められるものとは何なのでしょうか。

それは、端的に言うとお客さんに商品を購入して頂くことです。

 

お客さんに商品を購入して頂く目的を達成するために重要なのは、お客さんが商品を購入するときの決め手が何かという点です。

 

私は、前職で海外挙式の新規事業の担当者をしていました。

海外での結婚式は国内での挙式と違って、気軽に会場に行くことができません。

だからこそ、実際にその場所で挙式をすると、私の会社に申し込むとどんな結婚式ができるのか、を具体的にイメージさせてあげることが何よりも重要でした。

そうです、その時のお客さんが商品を購入する決め手は『写真』でした。

 

その前の職場は、パチンコ屋さんでした。

パチンコ店というのは、どのお店でも基本的には同じ商品を扱っています。

同じメーカーが作った商品(パチンコ台)を台数や構成は異なっていても、設置してありました。

そんな中で、私がいた会社では、1対1のファン作りを重要にしていました。

いくつか選択肢がある中で自分のお店を選んでもらうために、とにかくスタッフがお客さんの事を知って、良き話し相手となるということをポイントにしていました。

 

あなたが進んでやりたい事かどうか

いかがでしょうか?

あなたの会社でも、私が話したように、ご自身の会社でお客さんが商品を購入する決め手となるポイントがあるのではないでしょうか。

 

会社の売上をあげる!という目標のためにどんな手段(方法)を使っていますか?ということです。

ちなみに、お客さんが商品を購入する決め手というのは、お客さんの目的によって多様性が変わります。

 

例えば、先の私の前職での話であれば、お客さんの目的はシンプルで海外で結婚式を挙げるです。

それ以上でもそれ以下でもありません。

しかし、中には、一つの目的のために全員のお客さんが商品を購入するわけでもないケースもあります。

そうなると、お客さんにとって商品を購入する際の決め手というのもバラバラになります。

 

いずれにしても、今のお仕事があなたにあっているかどうかを見極める上で、重要なのは、そのお客さんが商品を購入する決め手を提供することをあなたが進んでやりたいかどうかというのがあります。

 

理想としては、その決め手を提供するのがいいとわかっているけど、現実ではなかなかそれができていないな。

と感じているのであれば、おそらくその仕事はあなたにあっていない可能性が高いです。

 

好きなことを仕事にした方がよい理由

では、そもそもなぜ自分にあった仕事をした方が良いのでしょうか。

 

多くの方にとって、働く時間というのは、1日の中で最も長い時間でしょう。

つまり、あなたの人生のなかで最も使う時間が多いのは仕事をする時間です。

 

だからこそ、もしあなたが今の仕事をあっていないと感じながらやっているのであれば、それは非常に勿体ないです。

今の時代、仕事を選ぶことは可能です。

あえて、他に選択肢がある中で、自ら進んで好きなことを仕事にしない理由は何でしょうか?

 

結果は後からついてくる

もし仮に、あなたが望むことを仕事にして、すぐに結果が出なかったとしても、それで諦める必要はありません。

誰しも、新しいことを始める時には、0からのスタートです。

あなたの会社や業界で素晴らしい成果を出している人も、いきなりそんな結果が出せたわけではありません。

 

そういった人でも、多くの結果がでないことを経験しているはずです。

では、なぜ結果が出なかったときに止めなかったかというと、それはその仕事が好きだったからです。

  • 好きだからついついやってしまう
  • 好きだから、次々に挑戦できる
  • 好きだから、時間が経つのも忘れて没頭してしまう

 

ビジネスで成果を出すためには、多くの時間と経験が必要です。

だからこそ、

  • やっていても飽きない
  • どれだけやってもまだやりたいと思う
  • お金を払ってでもやりたい

もしあなたがやっている仕事が上記に当てはまれば仮に今は結果がでていなくても、将来、大きな成果を出せる可能性が高くあります。

 

同じ商品でも会社によって違う

そうは言っても、すぐに今の環境も変えれないし、転職やそれこそ起業をするなんて気軽にできる事ではありません。

しかし、これだけは知っておいて欲しいのですが、あなたの目の前には可能性の選択肢はまだまだあるということです。

 

同じ商品を提供している複数の会社でも、お客さんに商品を購入してもらうために何が重要か、というのは全く異なります。

だからこそ、あなたはご自身の価値観にあった会社を選択し、その中で自分を成長させていくことができます。

 

いまいる環境が全てと思う必要はありません。

職を変えることが逃げることでもありません。

仕事をする上で重要なのは、あなたがどうしたいのかということです。

 

まとめ

一昔前に比べて、今では個人が価値を提供して、成果をあげる、起業のハードルが低くなりました。

それは、個人が情報を発信しやすくなったことと、世の中の価値観が細分化してきたことによります。

そんな中で、あなたがこれからどんな仕事をしていくのかというのは、これまで以上に選択肢が多くあります。

必ずしも、起業が全員にとっての成功というわけではありません。

ですが、もしあなたが今、毎日ワクワクしながら仕事ができていないのであれば、環境を変えてみても良いかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!