1. TOP
  2. 中小企業こそオウンドメディア構築を集客に活用すべき5つの理由

中小企業こそオウンドメディア構築を集客に活用すべき5つの理由

オウンドメディア この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

もしあなたがご自身のビジネスの集客を目的として、オウンドメディアを構築しようか迷っているのであれば、今回の記事をぜひ読み進めてください。

 

オウンドメディアの構築は、広告予算があまりない中小企業にこそ向いている集客手法です。

実際に、私自身も前職では、新規のドベンチャーの会社でしたが、オウンドメディアを構築することで、毎月安定的に売上があがり、ビジネスが右肩上がりに成長していきました。

そして、わずか二年で新規事業を通年ですが、黒字化することもできました。

 

広告に使える予算もなく、セールスをするだけのコネやツテもなく、そんな状態からオウンドメディアを立ち上げたことで、まさしく状況を一変させることができました。

 

では、オウンドメディアを構築すると具体的にどんなメリットがあるのか。

オウンドメディアを構築することで、なぜ集客ができるのか、どんな集客ができるのかを今回はご紹介していきます。

 

濃いお客さんが集められる

まず初めのメリットとしては、オウンドメディア経由で問合せをされるお客さんのリストが濃いという点です。

 

このリストが濃いというのは、具体的には成約に近いお客さんという意味です。

そもそも、オウンドメディアの流入経路としては、GoogleやYahoo!で検索からの流入が多いです。

そのため、あなたのオウンドメディアへ到着した段階で、そもそもお客さんの悩みや課題は顕在化されています。

 

そして、更にその状態から問合せをしてくるお客さんなので、商品を購入する気持ちが強い方が多いです。

だからこそ、オウンドメディア経由でのお客さんは濃いリストとなるのです。

 

また、広告での接触ユーザーと違い、オウンドメディア経由での問合せの方は、あなたの提供するコンテンツ(記事)に興味を持って話を聞きに来てくれています。

広告ですと、限られた文字や写真、そしてランディングページなど一部の情報で判断をして問合せをしています。

つまり、問合せに至るまでのお客さんの情報量も、お客さんとの信頼関係も大きな違いがあるわけです。

 

費用がかからない

2点目のメリットとしては、オウンドメディアの構築には広告出稿に比べて費用がかかりません。

 

もちろん、オウンドメディアが全くお金がかからないわけではありません。

記事を外注かするのであれば、その製作費用がかかりますし、写真を多く取り入れるのであれば、その素材費もかかるでしょう。

そして、なんといってもオリジナルのコンテンツを作るためには場合によっては取材やインタビューなどもかかるため、それらの費用もかかります。

 

オウンドメディアの構築には確かに費用がかかる(かけられる)ものの、広告の出稿と比べて、圧倒的に低価格で成果を出すことができます。

Web媒体への広告出稿においては、安くても数十万円~数百万円というのが多く、しかも、安定した成果を出すためにはそれを継続しなければいけません。

 

私の例のように、ドベンチャーの会社が広告費をかけれなくとも、オウンドメディアを構築したことで、安定した集客を実現できるようにもなります。

 

サービスの専門性が高まる

3点目のメリットは、オウンドメディアを構築することで、あなたのサービスの専門性が高まります。

 

何故かというと、オウンドメディアでは、あなたのビジネスで取り扱う商品に関する記事を書いていくのはもちろん、その関連する話題も取り扱うことができます。

ビジネスの提供者だからこそ知っているノウハウや、プロならではの知識など、お客さんにとっては、商品を購入するときに非常に役立つ価値ある情報です。

 

そういった情報を発信していくことで、お客さんのあなたに対する信頼度も増していきます。

 

ブランディングの確立

4つ目のメリットはブランディングの確立ができるということです。

 

オウンドメディアにおいては、基本的にどんな記事を書くかは書き手側の自由です。

これをしなければいけないとか、あれをやってはいけないというのはなく、お客さんへの価値提供になる情報をどんどん掲載していきます。

 

3点目のメリットとも関連しますが、専門性が高まることで、その結果、あなた自身のブランドができあがっていきます。

 

〇〇と言えばあなた(のビジネス/会社)

 

のように、高い専門性はあなた自身のブランディングへと帰結します。

 

ここで一つポイントですが、ブランディングを確立するのであれば、人を立たせた方が圧倒的に早く成果がでます。

一般的、ありふれた商品を扱う時には、その商品をブランディングしようとするとなかなか大変です。

そんなときは、まずあなた自身をブランディングして、あなたがお勧めするある商品という流れにすると、その商品にも人気や興味が生まれます。

 

ビジネスが洗練される

そして、最後のメリットとしてはビジネスが洗練されるようになります。

 

お客さんの求めているものとは絶えず変化しています。

一方で商品・サービスというのはあまり変化がありません。

だからこそ、オウンドメディアを構築して、濃い見込み客を集めて、悩みや課題を伺って、あなたの専門性を発揮しながら、さらにあなたのビジネスの商品・サービスを改善していくことができるようになります。

 

このプロセスがあるからこそ、あなたはご自身のビジネスを洗練していくことができるのです。

結果として、お客さんの満足度も高まり、そこからの商品の二次購入、三次購入というものが生まれて、あなたのビジネスも安定的に成長していくのです。

 

まとめ

もちろん、オウンドメディアも万能な集客方法ではありません。

一つに依存をすると、それだけ大きなリスクに成り得ます。

しかし、オウンドメディアを構築することで、資金力がない中小企業が安定的にお客さんを集客できるようになったり、右肩上がりにビジネスを成長させることができるようになります。

だからこそ、やるのであれば早いうちから実践していくことが何よりも重要です。

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!