1. TOP
  2. オウンドメディアの記事タイトルをブラッシュアップする重要性と方法

オウンドメディアの記事タイトルをブラッシュアップする重要性と方法

オウンドメディア この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

オウンドメディアを運営する中で記事タイトルの重要性はあなたもご存知でしょう。

では、あなたはどの程度、記事タイトルをブラッシュアップして、更新していますか?

記事を書くときに最後まで記事タイトルを悩み、何度も書き直す方は多くいらっしゃると思いますが、公開した記事タイトルを見返して、更新している方は意外と少ないのではないでしょうか。

 

今回は、オウンドメディアにおける記事タイトルを公開後に更新する重要性と、その具体的な方法をご紹介します。

ぜひ、定期的に実践してみてください。

 

オウンドメディアの流入は自然検索

まずはじめに、なぜ記事タイトルを公開後に定期的に見直す必要があるのかというお話です。

 

オウンドメディアの流入経路は自然検索の比率が非常に高いです。

もちろん、FacebookやTwitterなどのSNSによる流入数も運営初期の段階では比率としては高いものがあるでしょう。

また、バズったときなども同様にサイトに来るユーザーのほとんどはSNS経由で来ることが多くなります。

 

しかし、オウンドメディアを運営していく中で、安定的な集客の仕組みは、SEOを駆使して、特定のキーワードにおける検索結果で上位表示をさせて、そこからの流入が主な集客経路となります。

 

 

上記は“マーケティング”というキーワードで検索した時の検索結果の一覧表になります。

検索結果で1位にあなたのWebサイトが表示されていれば、ユーザーはそのままクリックしてくれるかもしれません。

ですが、2位、3位、あるいはもっと下位に位置している時には、すぐにクリックされるとは限りません。

 

ユーザーは何か知りたいことがあって、検索をしますが、そのキーワードに関しての検索結果が表示された時には、その中でもっとも自分の疑問に合いそうな物を選択します。

つまり、ユーザーは検索結果の一覧の中から記事タイトルを見比べて相対的に自分の疑問に合致すると感じるものをクリックしているのです。

 

だからこそ、具体的な検索キーワードに対して、自分の記事がどこで表示されているのか、そして、その時に他の人はどんな記事を書いているのか、というのは常に気をつける必要があります。

 

検索クエリで検索をする

でわ、具体的にどんなキーワードで実際に検索をしてみるのが良いのでしょうか。

 

自分の意図するキーワードで検索をするというのも一つの手ですが、お勧めは実際にあなた以外のユーザーがどんなキーワードを検索した時にあなたのWebサイトが表示されるかです。

そして、もう一つ付け加えると、実際にクリックされたキーワードよりも、表示回数は多いけれど、なかなかクリックされないキーワードの方がお勧めです。

 

では、具体的にどうやって調べるかを見ていきましょう。

キーワードを調べる上では、Google Analyticsにある機能を使います。

ただし、Google Analyticsの登録だけでなく、Search Console(Webマスターツール)と連動させておく必要がありますのでご注意ください。

 

 

まずはGoogle Analyticsにアクセスをします。

 

 

メニューの中にある、『集客』から『Search Console』をクリックします。

 

 

そうすると、更にサブメニューが表示されるので、その中から『検索クエリ』をクリックします。

 

 

その結果、特定の期間で、どんなキーワードに対してあなたのWebサイトが表示されたのか、また、そのうち何回クリックされたのかなどを見ることができます。

この中から『検索クエリ』の列にあるキーワードで実際に検索することで、そのキーワードに対してどんな記事があるのか、あなたの記事がどう見えるかを調べることができます。

 

記事タイトルを見直す際の注意点

公開された記事タイトルを見返す時にはただ漠然と見ていてはダメです。

具体的には以下の二つの視点を持って、客観的に見てみましょう。

 

本当に伝えたいことは何なのか

検索クエリで使われているキーワードに対して、“本当に伝えたいことは何なのか”という点です。

 

本当に伝えたいことは何かというのは、以下の2点をチェックしましょう。

  1. あなたが本当に伝えたいことを端的に表している記事タイトルか
  2. 検索キーワードに対する答えとして間違っていないか

この2つをチェックして、問題があれば変えるようにしましょう。

 

Googleの検索アルゴリズムは常に変化しています。

だからこそ、記事の中身と記事タイトルの関連性だけでなく、そもそもの検索キーワードとあなたの記事との関連性も気をつけて見なければなりません。

 

クリックする必然性

あなたは、記事を公開後に、実際にどんなキーワードで検索されているか、ご自身でチェックしていますか?

記事を書くときには狙うキーワードを使って、読者を想定して、キーワードから考えられる悩みをリサーチして、そしてそれをまとめて記事にしてという過程を経て、公開しているでしょう。

 

記事を書く前にキーワードで検索をしていれば、どんな記事があるかは分かっているかもしれませんが、それでも公開後にチェックをした方が良いのは、

 

客観的に見て、あなたの記事をクリックする必然性があるか

 

という点をチェックするためです。

 

逆に記事の内容がどんなに素晴らしく、価値があったとしても、記事タイトルがいけてないだけで、その価値が十分に発揮されることは無くなります。

それぐらいオウンドメディアにおける記事タイトルは重要だということを改めて覚えておきましょう。

 

まとめ

結局のところ、成果のでるオウンドメディアで重要なポイントは、『誰にどんなことを伝えたいか』という当たり前の基本です。

もちろん、いきなりすべてを完璧にできる人はいません。

だからこそ、記事を公開した後も、記事の中身同様に記事タイトルも読み返しながら、本当に自分の伝えたいことを100%伝えきれているのかという点を振り返って改善していく必要があります。

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!