1. TOP
  2. オウンドメディアで成果を出すノウハウ記事を書くための6つのポイント

オウンドメディアで成果を出すノウハウ記事を書くための6つのポイント

オウンドメディア この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

あなたはオウンドメディアでどんな記事を日々書いていますか?

若しくは、どんな記事を外注などのライターさんに書いてもらっているでしょうか。

 

もし、あなたがオウンドメディアを運営する中で以下のような悩みがあればぜひこの記事を読み進めてください。

  • わかりやすいノウハウ記事を量産したい
  • ユーザーに支持されるノウハウ記事が書けるようになりたい
  • 具体的なオウンドメディアの記事を書きたい

 

オウンドメディアの記事はその書き方として、いくつかテンプレートが存在します。

それを自分の物としていつでも活用できるようになっていると、普段の記事制作で苦労しなくなります。

 

または、メディアを運用する際に、複数のライターさんに記事を書いてもらっている際には、それらのテンプレートを活用することで、一定の質の記事を書いてもらいやすく、人によって、記事の質にバラつきが出ないようになります。

 

今回はそんなオウンドメディアの記事の書き方として使えるテンプレートの一つである、“ノウハウ記事”を書くための6つのポイントについて紹介します。

これであなたも成果の出る“ノウハウ記事”がスラスラと書けるようになるでしょう。

 

再現性があるか

まず初めに、実際に記事を書き始める前に一つ注意しなければいけない点があります。

 

それは、あなたが今から書こうとしている記事に“再現性があるのか”という点です。

ノウハウというぐらいですから、誰かが困っている状態を解決するための方法についての記事かと思いますが、その方法に再現性が無ければ、それはノウハウとは言えません。

 

例えば、あなたが所属している会社が一部上場企業の超有名な会社で、あなたの取引先への営業のアプローチの仕方についてのノウハウを書いたとします。

ですが、それはあなたの会社のネームバリューがあって初めて成功する方法かもしれません。

それを読んだ読者がそっくりそのまま真似して同じような結果が得られなければ、読者にとってのノウハウとは呼べません。

 

他にもあなたの会社独自の技術やツールを使っている場合や、そもそも真似できないような根気のいる作業などもノウハウと呼ぶにはハードルが高いです。

 

どれだけ知識や経験が無い人がやっても同じような成果がでるのであれば、それはノウハウと呼ぶに相応しいでしょう。

 

読み手を想定する

2つ目のポイントは“読み手を想定する”ことです。

 

この“読み手を想定する”というのは、どの程度の前提知識を持っているかというのを設定するということです。

 

例えば、Web広告の運用についてのノウハウ記事を書こうとしたときに、Web広告をこれから始めようとする人に対しての記事の書き方と、既にWeb広告を運用している方への記事の書き方が大きく異なるのはすぐに想像できるでしょう。

 

ここでは、どちらのターゲットに対して記事を書くのが正解なのか、という話ではありません。

どちらのターゲットに対しての記事でも構いませんが、そのターゲットを明確にしていないと、読み手の満足にはつながらないということです。

 

専門用語を使わない

3つ目のポイントは“専門用語を使わない”です。

 

2点目のポイントと関連してですが、記事を読んでいて読み手が離脱するポイントの一つは専門用語に出会ったときです。

日本語としておかしな文章になっても、なんとかそれを読んで、意味をくみ取ることはできますが、専門用語が出てくると、その意味が何なのかわからずにその時点で離脱してしまいます。

 

専門用語とは何も難しいカタカナ英語のような言葉だけではありません。

ある業界、業種に就いていれば当たり前に知っているだろうと思うような略語も対象です。

 

この専門用語かどうかという線引きについては、読み手の状況によって、専門用語にも一般用語にも成り得ます。

もし、その定義が曖昧であるならば、何の予備知識もない方にあなたの文章を読んでもらって、意味が分かるかどうかを確認してもらいましょう。

 

客観的な視点か

4つ目のポイントは“客観的な視点か”です。

 

ノウハウ記事を書く上では、客観的なデータが必要です。

個人的な主観の感覚での、「すごい」「できる」といった書き方では、読み手からの信用も得られません。

 

また、記事の書き方だけでなく、そもそもそのノウハウで本当に成果が出るのかということを検証する上でも、客観的な視点は必要になります。

もし、客観的な視点が無ければ、ノウハウと言うことはできません。

 

具体的な内容か

5つ目のポイントは“具体的な内容か”です。

 

  • 「成果を出すためにはこういうことをするといいよ。」
  • 「それをやりたいなら、あんなことやってみたら。」
  • 「私のお客さんにこれで凄い成果がでた事例があるよ。」

 

ノウハウ記事は、読み手が何かできるようになるためのノウハウを解説した記事です。

だからこそ、どういう手順でやるのか、については、そのままコピペすればできるぐらいに具体的な内容を書く必要があります。

 

また、読み手にわかりやすく説明をするためには、文字以外の物も活用すると良いかもしれません。

例えば、『パソコンの画面画像』『手順解説動画』『チャートや図』『写真』などを記事の中に入れていくことで、読み手は文章だけの解説だけでなく、具体的にどこをどうすればよいのかというのを認識することができます。

 

関連記事の重要性

最後に6つ目のポイントは“関連記事の重要性”です。

 

読み手を想定して、その人に必要な情報を、専門知識がなくても読めるように、客観的な視点でかつ具体的な手法で表現をしても、理解できない方もいらっしゃいます。

それは、その方の理解力が無いというよりは、前提となる情報がところどころで不足している可能性が高いです。

 

だからこそ、その歯抜けになっている部分を補うための関連記事の情報もノウハウ記事に補足として記載をしておくと、読み手にも役に立つケースがあります。

 

あなたの記事を読んでいるユーザーの理解度はあなたとは異なります。

だからこそ、ある一つのノウハウ記事だけを単体で掲載しているのではなく、それに関連する記事を関連付けながら、互いにリンクをしていくことで、ユーザーも必要な情報を補完しながら、全体を理解していくことができます。

 

まとめ

“ノウハウ記事”自体はオウンドメディアとの相性も良く、ユーザーとの信頼関係を築く上でも非常に役立ちます。

ですが、きちんとポイントを抑えて書かないと、独りよがりなノウハウ記事となってしまい、結果として、誰からも必要とされない物になってしまいます。

ユーザーにとって必要とされる情報を発信していくからこそ、今回紹介した6つのポイントを押えて、ユーザーにとっても価値のある“ノウハウ記事”を書いていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!