1. TOP
  2. オウンドメディア
  3. 成功するオウンドメディアのキーワード選定は複合キーワードから始める

成功するオウンドメディアのキーワード選定は複合キーワードから始める

 2017/04/26 オウンドメディア この記事は約 7 分で読めます。

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

オウンドメディアを構築する上で、実際に記事をアップしていくときに悩むポイントが、どのキーワードから選定をして記事を書いていくかという点があります。

キーワードプランナーやその他のキーワードツールなどを活用して、候補となるキーワードがわかったとしても、その中から何千、何万とあるキーワードからどんな順番で記事を書いていけば良いのか、迷ってしまいますよね。

 

検索ボリュームを参考にすればよいのか、競合性を参考にすればよいのか、何か決まった計算式があるわけでもない中で、どんな基準でキーワードの優先順位を決めて、記事を書いていけば良いのでしょうか。

 

もしあなたが以下に当てはまるのであれば、ぜひこの記事を読み進めてください。

  • これからオウンドメディアを構築しようとしている
  • どんなキーワードで記事を書いていけば良いのか迷っている
  • 成果の出るオウンドメディアを運営していきたい

 

今日は、実際に私が仕事で、1年間で問合せを6倍にして、売上を2倍にしたオウンドメディアを構築方法から、どんなふうにキーワードの選定をしていたかをご紹介します。

 

複合キーワードとは

キーワードを選定するのに参考となる指標はいろいろありますが、もしあなたがこれからオウンドメディアを構築していこうとするのであれば、『複合キーワード』から始めるようにしましょう。

 

複合キーワードとは、1語でのキーワードではなくて、

・マーケティング 資格

・マーケティング 基礎

・マーケティング 方法

・マーケティング 仕事

といったように、2つの関連する単語で構成されたキーワードです。

 

成功する複合キーワードの見つけ方

具体的にどんな複合キーワードを選べばよいかというと、あなたが書こうとしているオウンドメディアのテーマを実際にGoogleやYahoo! JAPANで検索してみるのが良いでしょう。

 

 

上図はGoogleでの検索結果での画面となりますが、下へスクロールしると上図の赤枠のようなものが見えます。

 

 

こちらは赤枠線内を拡大した物になります。

先ほど、例として上げたものは、まさにGoogleの検索結果でも表示されているものです。

 

なぜ、GoogleやYahoo! JAPANでの検索をすることがお勧めなのかというと、検索結果からの流入というのが、実際にオウンドメディアでの集客方法だからです。

オウンドメディアでの集客は検索結果からの流入がほぼ全てです。

だからこそ、流入するユーザーに対してどんなキーワードが提案されているのかを理解した上で、それらのキーワードに対する記事を書いていけば、自然と流入が増えると思いませんか?

 

複合キーワードから始めるメリット

では、ここでオウンドメディアの構築を複合キーワードから始めることのメリットについてご紹介をしたいと思います。

先ほどの検索結果でも表示されているキーワードだから流入がしやすくなるということの他に、大きく分けて以下の二つあります。

  1. 検索者の意図が絞りやすい
  2. 特定のキーワードに対するドメイン評価が上がりやすい

 

それでは、それぞれについて解説をしていきます。

 

検索者の意図が絞りやすい

単語のキーワードに比べて、複合キーワードの方が、そのキーワードの検索者の意図がわかりやすくなります。

『マーケティング』だけで検索する人は、

  • マーケティングに関する書籍が欲しいのかもしれない
  • マーケティングのコンサルタントを探しているのかもしれない
  • マーケティングというものを学びたいと思っているかもしれない

といった感じにいろんな可能性があることがわかると思います。

 

一方で、『マーケティング 資格』で検索をする人は、

  • マーケティングの資格について知りたい
  • マーケティングにどんな資格があるのか知りたい

といったように、何を知りたいかというのが随分と絞り込まれた印象を受けませんか?

 

検索者の意図が絞りやすいということは、どんな情報を求めているのかが想像しやすいということです。

つまり、どんな記事(コンテンツ)を提供すれば満足してもらえるか考えやすくなります。

 

特定のキーワードに対するドメイン評価が上がりやすい

続いてのメリットとしては、『特定のキーワードに対するドメイン評価が上がりやすい』という点です。

オウンドメディアを構築して、サイトへの集客を増やす上では、とにかく、検索結果で上位に表示をさせる必要があります。

そして、検索結果で上位に表示をされるには、ドメインの評価を上げる必要があります。

 

複合キーワードから記事を書き始め、以下のキーワードに関する記事を公開していきます。

・マーケティング 資格

・マーケティング 基礎

・マーケティング 方法

・マーケティング 仕事

すると、結果として『マーケティング』というキーワードに対するドメインの評価が上がりやすくなります。

 

異なる多様なキーワードで記事を書いていくよりは、ある程度キーワードを絞り込んだ方が、あなたのオウンドメディアの専門性が評価され、その特定のキーワードに対してのドメイン評価があがりやすくなるわけです。

 

キーワードをどう拡張していくのか

オウンドメディアの構築をする上では、3語の複合キーワードから開始することをお勧めします。

もちろん、2語の複合キーワードよりも3語の複合キーワードの方が検索ボリュームは少ないですが、いきなり検索ボリュームの多いところを狙ってもそもそも上位表示されません。

 

イメージは積み上げ式です。

『3語の複合機ワード』

『2語の複合キーワード』

『1語のビックキーワード』

といった具合に、始めは『3語の複合キーワード』からは初めて、いろんな種類の『3語の複合キーワード』であなたのオウンドメディアが上位表示されてくると、『2語の複合キーワード』でも上位表示されるようになります。

そうして、同じようにいろんな種類の『2語の複合キーワード』であなたのオウンドメディアが上位表示されてくると、『1語のビックキーワード』でも上位表示されるようになります。

最終的な『1語のビックキーワード』があなたのオウンドメディアのテーマとなるようなイメージです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

オウンドメディアを大きくしていくためには、様々なキーワードの検索結果で上位表示させる必要があります。

今回紹介した複合キーワードで記事を書いていくことで、あなたのメディアの専門性が高まり、そのキーワードの検索結果で上位表示されるようになります。

ただし、検索結果で上位表示することがオウンドメディアの運営の目的ではありません。

読み手のユーザーにとって価値のある情報を提供することを忘れているとどんなキーワードを選択してもそもそも上位表示されませんのでお気を付けください。

この記事を読んだ方は以下の記事もお勧めです!

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!