1. TOP
  2. 広告運用
  3. 初心者でも分かる成果を上げるリスティング広告の最適化の流れ

初心者でも分かる成果を上げるリスティング広告の最適化の流れ

広告運用 この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。

 

マーケティングの読みものの管理人のKです。

本日はリスティング広告の運用に関するお話です。

 

もし、あなたが以下のことに興味がある場合にはぜひ読み進めてください。

  • リスティング広告で成果を上げたい
  • 新しくリスティング広告をはじめてみたい
  • リスティング広告の運用代理店に成果をあげて欲しい

 

リスティング広告は、成果の悪いキーワードの出稿を停止し、成果の良いキーワードに出稿を集中することで、効率よくあなたのビジネスの見込み客へリーチすることができます。

リスティング広告を運用する上では、成果が出やすい最適化の流れというものがあります。

 

実際に、私は自分ではリスティング広告は運用しておらず、広告代理店に運用してもらってますが、これらのステップを理解し、実践することで、成果を出すことができています。

 

ご自身で運用する場合も、広告代理店に依頼する場合にも、どちらも共通して役立つ流れとなっています。

 

では、早速読み進めていきましょう。

 

リスティング広告で成果をあげる

まずはじめに、リスティング広告の最適化の流れの話をする前に、リスティング広告の仕組みについて少し紹介します。

 

リスティング広告とは、キーワード毎に広告を出すか出さないか選択が可能です。

また、それぞれのキーワードについても、個別に入札額を変更することが可能です。

 

リスティング広告は、Google、Yahoo!でキーワードを検索した際に表示される上記の赤枠線の部分の広告ですが、ご覧頂いて分かるとおり、上位に表示をさせたほうがクリックはされやすくなります。

つまり、あなたのサイトへの流入が増えます。

 

 

リスティング広告で上位表示をされるには

あなたのビジネスで売上げを伸ばそうとするのであれば、より多くの人に商品を購入頂く必要があります。

そして、商品の購入率が変わらないのであれば、より多くの人に商品のことを知ってもらう必要がありますよね。

だからこそ、リスティング広告の検索結果で上位に表示をされるほどに、あなたの商品が売れる可能性が高くなります。

 

リスティング広告で上位表示されるには、以下の二つの要素が重要になります。

  • クリック単価
  • キーワードとの関連度

 

クリック単価は出稿する際に調整することが可能ですが、入札額を高くなればなるほど上位表示されやすくなります。

また、キーワードとの関連度というのは、例えば、『ネコ』の『エサ』に関するキーワードに出稿しているのに、クリックした先のHPは『ゴルフ教材』に関するページですと、出稿キーワードとホームページの関連度が低く評価されます。

 

リスティング広告の最適化の4つのステップ

では、具体的なリスティング広告の最適化の4つのステップを見て行きましょう。

最適化をする目的は、効率よく成約数を最大化するということです。

そして、成約数を増やすためには、上記で触れましたが上位表示させる必要があります。

では、順番に見て行きましょう。

 

①まずは候補キーワードを出稿する

まずはじめの1つ目のステップとしては、『候補のキーワードを出稿する』です。

基本的にはあなたが誘導したいホームページの内容に関連するキーワードを出稿しますが、どのキーワードが有効なのかは実際に出稿をしてみないとわかりません。

 

広告代理店にしても、これまでの他社の状況から、どのキーワードがどんな反応が取れるかというのは知っているかもしれませんが、あくまで、実際のページを見て商品を購入するかどうかを決めるのはお客さん次第です。

だからこそ、最終的な結果は出稿をしてみないことには分かりません。

 

そして、この一つ目のステップでは、まずはどのキーワードが反応を取れるのかを見るために、入札単価を高めで設定します。

上位表示させるために、キーワードとの関連度を高めるには時間がかかります。

そのため、入札単価を高めに設定することで上位表示させやすくします。

 

②キーワードを残す&単価を下げる

運用を始めてから、時間が経つと、

  • 反応が取れるキーワードと取れないキーワード
  • 成約に結びつくキーワードとそうでないキーワード

が分かれてきます。

 

成果が出なかったキーワードは入札を止めます。

こうすることで、成果に結びつかない無駄なキーワードの入札がストップされるので、お客さんの獲得単価も下がっていきます。

つまり、出稿を止めても良いキーワードの見極めが2つ目のステップでのポイントです。

 

そして、成果が出たキーワードも入札単価を高めに設定していたので、単価を下げる必要があります。

そうすることで、適正な獲得コストを見つけることができるようになります。

 

③キーワードごとの下限の単価を見極める

成約の取れるキーワードがわかったら、あとはそのキーワードがどこまで単価を下げていけるかを調べていきます。

単純に1クリック=100円のキーワードがあって、100人流入したうちの1人が成約するとなると、一人当たりの成約の獲得コストは以下の通りとなります。

 

 一人当たりの獲得コスト

 = 100円÷1%【=100人で1人成約】

 = 10,000円

 

もし、ここで1クリックが50円まで下げても成約率が1%を維持したら、獲得コストはこうなります。

 

 一人当たりの獲得コスト

 = 50円÷1%【=100人で1人成約】

 = 5,000円

 

だからこそ、入札額の下限を見極めることが重要なのです。

 

④キーワードを追加する

最後に4番目のステップとして、『キーワードを追加』があります。

繰り返しになりますが、リスティング広告は成果の悪いキーワードを止めて、逆に成果のでるキーワードを伸ばしていくことで、一人当たりの獲得コストを引き下げていくことができます。

 

効果の合わないキーワードはどんどん止めていきますが、率だけを追い求めると、量が出にくくなります。

だからこそ、最適化の検証がある程度進んだタイミングで新たなキーワードの候補を追加する必要があります。

 

そうすることで、成果の出るキーワードだけを残しつつ、どんどん成約数を増やしていくことができます。

 

まとめ

リスティング広告で成果を上げるためには、基本的には本日紹介した①~④を絶えず、繰り返し、実施する必要があります。

時期によって、反応が取れるキーワードというものは変化がありますが、大切なのは、メンテナンス(出稿状況の改善)をせずに広告を垂れ流しで出し続けることです。

どれだけ細かくキーワードの設定を調整しながら運用をするかで、大きな成果の違いがうまれます。

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!