1. TOP
  2. マーケティング
  3. はじめまして~マーケティングの読みものへようこそ~

はじめまして~マーケティングの読みものへようこそ~

マーケティング この記事は約 6 分で読めます。

はじめまして。

 

『マーケティングの読みもの』の管理人をしています、Kといいます。

 

読んで字のごとく、『マーケティングの読みもの』はマーケティングについてのアレコレを詰め込んだサイトです。

 

まずこのサイトの事について少しご紹介をさせて頂ければと思います。

 

 

管理人のKの自己紹介

このサイトの管理人であるKの自己紹介をさせて頂きます。

 

これまでの職歴を紹介しながら、管理人のKとはどんな人物なのか理解していただければと思います。

ちなみに、最後に紹介しますが、今の仕事はというと都内の教育関連の会社にてマーケティングの部署にて働いております。

30代前半の男子です。

 

初めての就職先はパチンコ店

社会人になって1社目はパチンコ店に就職をしました。

当時、関東で17店舗ほどを運営していた会社で、Kはそれまでの人生で一度もパチンコ店に入ったことすらなかったのに就職を決めました。

大学を卒業後、就職をする時に、自分がやりたい仕事が漠然としたままでしたが、

「将来的には会社を経営してご飯を食べていくんだろうな…」

という思いがありました。

 

そして、そのパチンコ店での面接の中で人事の担当者の方から、

「お店の中で店長まで昇進をすれば、一つのお店を任せてもらえる=会社の中の小さな会社で経営が全部できるよ。」

という話を真に受け、その会社に就職を決めました。

 

実際に入ってみると、予備知識も何もなく入ったので、右も左もわからぬまま無我夢中で働いていました。

その会社に入ってから一年ほどが経った後、本社でマーケティング課が新設され、社内公募がありました。

元々、パチンコ業界に関する知識もなく、店舗に勤務をしていると、どうしても狭い世界の中で生きていることに限界を感じる中で、もっと広い視野を得たいと思い、応募をしました。

 

それが、私とマーケティングとの初めての出会いでした。

 

ただ、当時の仕事としては、お店から報告される数字を集計したり、予測を立てたりといった活動が主でしたので、あまり戦略的な部分とのかかわりがなかったように思います。

 

転職先はドベンチャー

パチンコ店に3年ほど勤めた後に、業界の先細りを目の当たりに、その当時からカジノの噂も出ている中で、転職をするなら早めが良いと思い、3年半務めた時に会社を辞めました。

2社目に選んだのはできたてほやほやのドベンチャーでした。

もともと、親会社があったものの、社員数わずか5名程度の小さな会社でした。

もちろん、既存事業なんてものはなく、社員は一人一事業という形で新規事業の担当者として立上げをしていました。

 

もちろん、私も例外ではなく、ある新規事業の立ち上げを0ベースから行いました。

ベンチャーの経験者の方や、自分で事業を作った経験がある方ならわかると思いますが、事業の立ち上げでは、とにかく何でも自分でやらなければいけません。

社員数が多くないので、分業することもできないため、企画から営業から集客から販売から財務から何から何まで全てです。

自分が動かないと何も進みませんし、誰かが何かをしてくれるのを待ってても1ミリも事態は好転しません。

 

そんな中で、試行錯誤をしながら、1年目、2年目と事業を成長させ、2年目には通期ではありましたが、黒字化を達成することができました。

 

なぜ、私が0ベースからの新規事業を成長軌道に乗せることができ、そして、2年目には通期での黒字化を達成できたかと言えば、『Webマーケティング』を効果的に活用できたからです。

 

ビジネスというのは集客で本当に大きく差がでます。見込み客を多く集めることができれば、自然と売り上げも立ち、利益もでてきます。

そういった良い循環をうみ出していたのが、『Webマーケティング』でした。

 

マーケティングに特化した能力を身につけるために転職

ドベンチャーでの経験を経た後に、マーケティングの専門性を高めたいと思い再度転職をしました。

というのも、当時、事業を大きくするためにいろんな情報を集めました。

本当に右も左もわからなかったので(笑)

それこそ、勉強会的な物から、自己啓発的な物から、もちろん、セミナーまで。

 

その中でいろんな人とお会いする機会がありましたが、成功をしている人というのは、何かしら他の人には負けない武器を持っていました。

できる人であればあるほど、よりレベルの高い武器を複数持っていました。

だからこそ、自分もステップアップするためには武器を磨く必要があると考えて、マーケティングをより極めようと思い今の職場へ転職をしました。

 

そして、今の会社では、Webマーケティングの一環として、HP関連や広告全般の担当をしています。

 

このサイトの情報について

『マーケティングの読みもの』では管理人のKが普段の仕事の中で実践をしたノウハウや具体的な成果の出る広告運営をはじめ、マーケティングに関する情報を発信していきます。

もちろん、公開できる情報には限りはありますが、なるべくわかりやすくお伝えしていきます。

なぜ、このサイトを運営しているのかというと、マーケティングに携わる人間として発信をすることで、同じ悩みを持つ方と情報を交換したり、より良い成果が出せるようにしていきたいからです。

 

あとは、自分自身の学びの場として情報を発信することで考えを整理する機会を作りたかったからです。

 

どんな人にお勧めなのか

このサイトは主に以下の人達に向けて記事を作っています。

 

  • これからマーケティングについて学んでいきたい人
  • 企業の中でのマーケティングを担当者
  • 効果的な集客方法を探している方
  • ビジネスをしているが、集客が上手くいってない方

 

もし、あなたがこれらに該当するのであれば、きっとお役立ていただける情報があるはずです。

 

最後に

『マーケティングの読みもの』では読者の方からの声をお待ちしています。

実際にKの発信する内容がどうだったのか、ためになったのか、つまらなかったのか、何でも構いませんので、ぜひお気軽に感想をお寄せください。

\ SNSでシェアしよう! /

マーケティングの読みものの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マーケティングの読みものの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!